イベントイベント

和雑貨 京都のM-HERO ホーム > イベント > 【T-HERO LIVEアーティスト紹介】

【T-HERO LIVEアーティスト紹介】│2010.07.18

【野辺剛正】
1996年小田和正 の主宰レーベル Little Tokyo から、シングル「Answer」でメジャーデビュー。1997年までにシングル、アルバム共に三枚リリース。 その後、地道にライブ活動を重ねながら、40歳を手前に、常田真太郎(スキマスイッチ)ほか、仲間たちとともに The No Baby Band を結成。 自らレーベル No Best Label を立ち上げ『野辺剛正 and The No Baby Band』を、2008年11月26日にリリース。 11年ぶりとなる新作は、歌も演奏も全曲一発録り。アコースティックギター、ピアノでの弾き語りや、バンド編成 など、様々な形体で東京、関西中心にフリーランスでライブ活動をひたむきに続けている。
【城戸けんじろ】
1999年に前身バンド"ジャパハリネット"を結成し、2000年発売のインディーズ・デビュー盤がいきなり10万枚を越えるヒットとなる他、城戸けんじろの田舎兄貴キャラの圧倒的なカリスマ性でシーンに異彩を放ち続け、2004年にはTOY'S FACTORYよりメジャーデビュー盤でもある"哀愁交差点"はトータルセールス15万枚のヒットとなり、その後もTV朝日"ミュージックステーション"出演、NHK"POP JAM"出演、日本を代表する夏フェスに多数出演など日本一熱いバンドとして活躍をし続ける。現在までにリリースした作品のトータルセールスは60万枚を越えるなど日本の歴史にジャパハリネットの名前を残す存在となる。2007年には更に活動の幅を広げる為にバンドを解散させる。2008年には日本一熱いバンドから日本一熱い男になるべく立ち上がり、ソロ活動を開始する。
【田中きょう】
京都市出身。京都を中心に活動中。音楽活動を初めて3年。自らひきこもりを経験、自分には生活する能力もない、「もうどうでも良い」と言う気持ちになっていた。しかし、もう一度、自分を信じてみよう。何も出来ないなら、一番やりたいことやってみようと思い。音楽に目覚め、「命」にこだわって生きていることの大切さを、伝えていこうと決意。2008年3月、ファーストアルバム「32年」をリリース。

コメントする

ページトップへ